【出汁料理】 干し椎茸の簡単なとり方

出汁とり方

「毎回おだし料理を作ってるけどどうやっておだしとってるの?
「だし取るの大変じゃない?」
「簡単にだしとりたいけどどうすればいいの?」

というお声聞きます。

実際私もおだしを自分で取る前まもっと難しいものなんだと思っていました。
でも、意外と簡単。そして便利。

お料理初心者の私でも毎回上手にとれるだしのとりかたを紹介します。

出汁のとりかた 干し椎茸+昆布+いりこ

出汁

出汁の材料

しいたけ:2枚

昆布:3枚

いりこ:4匹

水:750ml(自動販売機で販売しているペットボトルで1本半分の水)

出汁のとり方

①分量分の材料をボトルに入れます。

②分量分の水をボトルに入れます。

③冷蔵庫に一晩入れて完成

忙しい朝でもおだしを鍋に入れて具材をチャッチャッといれるだけなので簡単です。
翌朝にはとったおだしを使い絶品お味噌汁ができます!

このとったお出汁ですが、基本的には冷蔵庫に保存。そして、1週間以内に使い切ってください。

椎茸などの出汁の具材は食べられるのでボトルから取り出し食べやすい大きさに入れてお味噌汁などに利用してみてくださいね。

お味噌汁でも煮物でもこの出汁を使うだけでワンランクアップの料理ができあがります。

出汁を取り始めてから料理が好きになった

毎回、お出汁をとってお味噌汁を作ったり煮物を作ったりしてこのブログにアップしています。

もともと独身時代は、お出汁をとったことなんて数えるぐらい。
仕事帰りにコンビニに行ってその日のご飯を調達・・・っていうのが当たり前でした。

毎日お日様がで始めた頃に出勤、遅い時は、コンビニで簡単にすませられるものを買って帰る。

それが今では毎日のようにお出汁を使ってお味噌汁や、煮物を作っている。

当時からしたら信じられません。

でもすごく面白いです。何よりお出汁を取り出して変わったのは、もともと嫌いだったお味噌汁が好きになったこと。そして料理がするのが楽しくなったことです。

お味噌汁は、もっと美味しくないものだと思っていたのですが、お出汁をしっかりとるだけで、全然味が違ってくるし季節の野菜を入れることで同じお味噌汁でも全く違う料理になります。

さらに、お出汁を使えば無限大に料理の幅が広がって、あれをしよう、これをしようと楽しめます。

今では朝必ずお味噌汁を旦那さんと一緒に飲んでいますが、それだけで、朝から良いスタートがきれるなと感じるし、旦那さんにも好評です。

また私の気分もよく過ごせると子供の機嫌がいいのでいいサイクルで1日過ごせます。

陽より子おしらせ

我が子も日に日に大きくなっていきます。

その成長を見ながらいつか3人で食卓を囲んでニコニコしながらお味噌汁を飲みたいなと思っています。

書いた人:三女 陽より子キッチン三女

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする