【おだし料理】里芋の煮っころがし

旦那さんが待っている埼玉についに帰ってきました〜!

なが〜めの里帰りでだいぶわがままを聞いてもらったのでこれからは1番近くで一緒に頑張っていきたいと思います!

とちょっとのろけたところで・・・

今日は、久しぶりに埼玉に戻って作ったお出汁料理「里芋の煮っころがし」を紹介します。
とても好評だったので嬉しかったです。

里芋の煮っころがし

里芋の煮っころがしの材料

里芋:7〜8個
いか:1尾
揚げ:1枚
しいたけ、昆布、いりこを水て一晩もどしただし:400cc程度
※豊潤なだしでもどしてもOKです。
砂糖:大さじ3〜4杯
しょうゆ:おたま1杯程度
みりん:おたま1杯程度
(調味料に関しては味をみながら調整してください。)
油:適量

里芋の煮っころがしの作り方

① 里芋は皮をむいて食べやすい大きさに切る。
(その際少し煮るか、塩もみしてぬめりをとっておく。)
② いかは輪切りにする。
③ 鍋に油をひいたら、里芋、いか、あげを入れて炒める。
④ 油が全体になじんだら、具材がつかるぐらいに出汁をいれる。
⑤ 全体に火が通り、里芋がやわらかくなったら砂糖、しょうゆ、みりんを分量いれる。
⑥ 味がしみれば完成!

色味で枝豆を上にのせれば見た目も抜群です!

おだしをしっかりとっておくと調味料も少なめでいいので、塩分気になる人にはぜひおすすめしたいです。

書いた人:三女 赤ちゃんベビーカーデビュー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする