干し椎茸 栄養はどのぐらいあるの?

夏になるとどうしてもさっぱりしたものが食べたくなります。

我が家も素麺が大活躍!

「何もない・・・じゃーとりあえず素麺!」

素麺ありがとよ。
ちなみに麺つゆは手作りの麺つゆ。

超簡単!めんつゆの作り方
夏のそうめんに欠かせない手作りめんつゆです。 (なんだかなぁ、写真加工がうまくいかなかった。もっと勉強します!!) 私は、市...

これがまた優しい味でおいしいのよ。

しかし、夏の素麺、冬のお餅は栄養失調の素と言われるように素麺だけだと、ビタミンやミネラル、タンパク質がとれてる感じがしない。

だから、食べてもなんだかすぐにお腹がすいてしまいます。

栄養がバランスよくとれないと、炭水化物などたくさんとっていても栄養が足りないと体が感じてしまうわけですね。

前置きが長くなってしまった・・・今日はそういうわけでシイタケの栄養の話。
(全く前置きとつながりがないかも・・・すみません。)

干し椎茸 栄養にはどんなものがあるの?

では、干し椎茸 栄養成分を紹介します。

ビタミンD:美肌効果や骨を丈夫にしてくれる

ビタミンDは乾しいたけの薬効として戦前からよく知られています。

このビタミンDは、腸からのカルシウムの吸収や骨へのカルシウム吸着に大きな役割を果たしてくれます。

骨を強くしたいと思って牛乳などのカルシウムをたくさんとるだけではだめなんです。

骨を強くするためには、カルシウムと一緒に、そのカルシウムを骨に吸着してくれるビタミンDをとる必要があります。

また、最近では、カルシウムと一緒に摂取すると、大腸がん予防や アンチエイジング効果のあることも明らかになってきていますし、ビタミンDを積極的にとることで、女性の閉経が遅くなるとも言われています。

普通に乾し椎茸を食べてももちろんビタミンDをとることはできますが、食べる前に、ちょっとだけ外で乾して太陽の光をあてることで、さらにビタミンDの栄養成分が増えます。

食物繊維:まさに便秘予防のための必要な栄養素

食物繊維は腸管内におけるコレステロールや発がん物質などの有害物質を吸着して、生活習慣病や結腸がん、直腸がんの予防に効果があると言われています。

食物繊維には、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維がありますが、しいたけは不溶性食物繊維になります。

この不溶性食物繊維の特徴は、水に溶けにくく、便に含まれる水分を保つことで大きく膨らみ、便のかさを増加させることで腸壁に刺激を与え、腸の運動を活発にさせる働きがあります。

食物繊維をとる目安としては、水溶性 1:不溶性 2 程度のバランスになることが理想的です。

カリウム:デトックスに効果的な栄養素

「ナトリウムの排泄を促し血圧を下げる」「筋肉や心筋の活動を正常に保つ」「便秘解消に働きかける」「老廃物の腎臓における排泄を促す」など、カリウムは、さまざまな働きがあります。

神経間の信号伝達や筋肉の収縮、腺組織での外分泌やホルモンの内分泌など、人間のさまざまな生命活動に関わる“情報伝達”への働きにも関わっています。

レンチナン:免疫力アップでガンも予防できる成分

しいたけの抗腫瘍性成分として含まれる「レンチナン」は、食用きのこから抽出された唯一の抗がん剤で、β-グルカンの一種です。

この「レンチナン」は、がん患者の方への臨床試験などを経て、1985年に臨床薬として厚生省が承認、実際に現在では抗腫瘍剤として使われるまでになっています。

風邪をひきやすい人、季節の変わり目に体調をくずしやすい人は免疫力が下がっているのが原因です。

できるだけ、シイタケをとって、免疫力アップ!元気な毎日を過ごしたいですね。

エリタデニン:コレステロールや、血圧が気になる方に

しいたけに含まれる有効成分「エリタデニン」によって、しいたけ食べることで血中のコレステロール値が下がることが臨床試験で確認されています。

また、しいたけには血圧を下げる作用も確認されています。

干し椎茸 栄養は豊富です!

栄養たっぷりの干し椎茸。

でも、なかなか作るのが・・・という方結構いらっしゃいます。

確かに、確かに毎日仕事や家事でてんてこまい。椎茸つけてる場合じゃないのよ!
私もそう思います。

また暑い日に火を使うのって、本当に修行。

汗がしたたれ落ちてくるのを手でぬぐいながら・・・なんでもうこんな火が熱いんだよ!とちょっと逆ギレしてしまいそうになります。(え?!私だけ??)

だからこそオススメしたいのがどっさりと椎茸の甘煮を作って食べたい分だけ小分けして冷凍しておくこと。

これ本当に使えます。

何もない時に、この上にチーズのせてチーン♪はい、お酒のおつみまみできあがり〜♪
素麺に切ってぽーい!はい、麺だけじゃなくてなんか豪華になった〜♪
もやしと炒めて、即的野菜炒め♪

(麺つゆも作り置きして冷凍しておいたらいつでも自然解凍して使うことができるのでおすすめです。

干し椎茸 栄養 効能まとめ

さて、最後に干し椎茸の栄養のまとめです。

・ ビタミンDで、骨を丈夫に、美肌にも。
・ 食物繊維で、便秘解消
・ カリウムで、デトックス!
・ レンチナンで免疫力アップ。
・ エリタデニンでコレステロールや血圧も正常値!

陽より子では、大きい丸ごと椎茸だけではなく、そのまま使えるスライスや、手軽に買える干し椎茸の足も販売していますので、ぜひ手軽に使ってみてくださいね!

書いた人:長女陽より子キッチン長女

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする