お味噌汁 レシピを基本から

お味噌汁 レシピ

少しだけ外食が続いていたので、家でお味噌汁を作って食べるとホッとします。

具材は冷蔵庫にあるものをバンバンバン!と入れただけ。

クッタクタに煮た野菜とお味噌と。

美味しいです。
とっても美味しいです。

おいしくできるポイントは、出汁(だし)をきちんととること。

これだけで、あとの分量はかなり適当です。

とは言っても出汁(だし)をとるのはなかなか大変なんじゃないの?
いえいえこちらもそんなことありません。

だし 取り方

お味噌汁レシピ だしの取り方

私は、こちらのポットにいりこ5本ほど、椎茸の足3個ぐらい、小さく切った昆布2〜3枚、かつお1パックをいれておくだけ

2人暮らしなので、この分量で十分すぎるほど!

朝作って、昼も作れるぐらいの分量です。

もし家族が多ければ、もう少し濃いめにして(いれるお出汁を多めにして)あとで薄めればいいのです。

専用のボトルがあれば、とりあえず、つけておけば使いたい時にすぐに使えます。
(そしてこのボトル、実は陽より子で取り扱っております!!

忙しい時は、もらいものの簡易的なおだしの粉末も使いますが、食べてみた時、その味の差が一目瞭然!

人工的に作られたものは舌に残る感じなのに対して、ちゃんとおだしをとったお味噌汁は、深みがあるのに全く舌に残ることがありません。

だから人工的なだしと違ってだしが前面に主張してくることなく、全体的にまろやかでホッとするお味噌汁に仕上がります。

なかなか忙しくて毎日できない方も週末はお出汁をとってみるというのもあり!だと個人的には思います。

毎日がんばって料理するのは本当に大変!

だからこそ、できるだけ自分に負担がないようにゆるい感じで続けられたらいいですよね。

お味噌汁レシピ 作り方

この出汁に、野菜を入れていきコトコトと煮ます。

葉物野菜であれば、3分ぐらいするとフツフツとなってくるのでこの時点でお味噌を入れて

はい完成!

この日は、彼のママンにもらった玉ねぎと、今が旬のサヤインゲン。

季節の野菜がモリモリ食べられるのも嬉しいですね。

これからの時期、ほうれん草とあげも美味しいし、トマトとチーズも意外とおいしいです。

この間、友達とお味噌汁談義で盛り上がったのは納豆の味噌汁と大豆のお味噌汁。

ぜひとも試したいところです。

陽より子キッチン長女書いた人:長女

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする