カレーがグンとうまくなる!カレーの隠し味

お天気がよかったり、悪かったりする毎日ですね!さて、今日はお天気が良くても悪くても美味しいカレーの話。

お出汁 カレー

誰でもカレーが美味しくできる隠し味

我が家では、カレーには必ず入れるものがあります!
それがある意味カレーの隠し味になっているのですが、それが「お出汁」なんです。

なーんだ!と思った方、騙されたと思って、ぜひぜひお水を入れる代わりにお出汁をつかってみてください。

お出汁 カレー

同じカレー粉を使ってもおだしを入れた方が断然味に奥行きがでて普通のカレーがちょっと高級カレーに変わります。

出汁は何を使えばいいの?

お出汁はなんでも大丈夫ですが、カツオはちょっと味が強くなってしまうので、もしカツオを使われる場合は少し少なめでもいいかと思います。

お出汁 カレー

ちなみに、私が使っているのは母親から教えてもらった、「椎茸×昆布×いりこ」の三点セット。

椎茸のグアニル酸、昆布のグルタミン酸、いりこのイノシン酸と、旨味成分が入っています

単体でも十分味は出てきますが、一緒に使うことでそれぞれが相乗効果によってさらに美味しさが増していくというなんて素晴らしいんだ!日本んお旨味成分!!

この椎茸と、昆布と、いりこが、我が家の料理の基本となっていて、この基本のおだしを使って、煮物、お吸い物、お味噌汁といろいろと料理をします。

確かに、今は顆粒のおだしや、すでに粉になっている出汁パックがたくさん出ていますが、これを使うと、違う料理を作ったはずなのに、どうしても同じ味になってしまいます。

でも、本物のおだしを使うと、より素材の美味しさがひきたつだけでなく、料理自体がまるくなるので、なんだか料理が上手になった気分に。

さらに、お出汁として使った椎茸はそのまま食べやすい大きさに切っておけば具材としても楽しめます。

ちょっと手間はかかりますが、手間の分だけ美味しさが広がります。毎日は難しい方はぜひとも週末だけでもお出汁に挑戦してみませんか?

陽より子ではおだしの相談にものっています。

陽より子では、おだしについてわからないことなど相談にものっています。福岡の八女インターをおりてすぐのところになるので、お近くにいらっしゃればぜひお立ち寄り下さい。

書いた人:長女  陽より子キッチン長女

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする